R&D+i

ファゴールオートメーションの成功の軌跡はR&D+i(研究、開発と革新)に力を注ぎ、 戦略的に関連性の高いプロジェクトへと取り組むことを可能にする設備によってもたらされました。
その一例として、 リニアフィードバックシステムで使用される彫刻されたガラスを製造する、フォトリソグラフィ専用設備があります。

伝統的に弊社は総売上高の10%以上を研究開発に費やしてきました。
現在、85名の研究開発エンジニアと6名の博士が、自動化や光学技術を統合した製品の開発に当たっており、その中でも以下のものについては定評があります。

  • リアルタイム制御ソフトウェア。
  • アナログ、デジタル、パワーハードウェア
  • 特定の集積回路の設計:ASIC。
  • デジタルおよびアナログサーボシステム。
  • 16/32ビットマルチプロセッサシステムの設計、開発。
  • オプトエレクトロニクス。
  • 3Dシミュレーションソフトウェア。
  • フォトリソグラフィと蒸着。
  • カーネル。
  • 高レベルのソフトウェア。
  • 組み込みソフトウェア。
  • ネットワーク/バス。
  • オートメーション。
  • ベクターコントロール。
  • マイクロシステム。
  • CAE。
  • 電磁気学。
  • 力学。

助成事業:

産業省 – アバンザ計画

  • 産業用モジュール制御システム、拡張性があり高い接続製を誇っています
    • 通信・情報社会への戦略的助成プログラムによって援助を受けた事業。
    • アバンサI+D(高等研究開発)産業観光省用の補助プログラム。

産業省

  • 新しいサーボプラットフォーム。
  • CNCならびに低コストのモーションコントロール。

セニット

  • INNPACTO
    • ファイル識別番号:IPT-020000-2010-009
    • 毎年の支払い:2010年, 2011年, 2012年, 2013年
    • プロジェクトの総収入予算:€2.412.248,30
    • 補助プログラムの合計:€2.159.190,80
  • INMAQENER
    • モーター、適応制御、制御方法による工作機械への高い付加価値。

  • ECOGRAB:
    • フェムト秒レーザーによるエンコーダ用回折/偏光回折格子の記録するための産業用システムの開発。